織田裕二 柳葉敏郎・織田裕二 コンサート
あなたは 織田さんのような

かっこいいカレシが欲しくない?
はい、欲しい!
いいえ、その前に、 ダイエットするぞ!

チェックして、判定ボタンをクリック!











織田裕二 柳葉敏郎・織田裕二 コンサート

織田裕二 柳葉敏郎・織田裕二 コンサート
織田裕二
俳優・歌手。
織田裕二 人物・来歴
身長177.5cm。左利きだったが、現在は主に右を使う。釣竿は左用を使用するなど今でも左を使う時がある。視力は右1.2、左1.2。高校時代はデップスというバンドを組みギターを担当していた。クリスマスイブにライブは行われた。
そのライブを見に来て紹介で現在の事務所にスカウトされるが、芸能界入りに興味が無く「学校がうるさいので…」との理由で断っていた。ピッツバーグ大学日本校中退後、役者の道へ進む。
最初にテレビに登場したのは、1986年、おニャン子クラブを生み出した『夕やけニャンニャン』内で募集に応募。
見事勝ち抜きメンバーに事が決まったが、メンバー入りは辞退する。
その後、1987年4月に東映映画『湘南爆走族』で俳優デビューし、江口洋介と共演。
1990年頃には吉田栄作・加勢大周とともに平成御三家とも呼ばれた。カンチ役で、大ブレイク。
「月9」という言葉もこの作品から生まれた。
デビュー当初はトレンディ路線とアイドル色が強かった為、主に20代女性層を中心にブレイクしていたが、その後は積極的にコメディや映画にも出演して幅広い人気を獲得している。
役作りでは、服装や小道具にこだわり、キャラクターをつかむのに時間がタイプ(本人談)。
脚本は限り早く欲しいそうでそれが企画、脚本段階から作品に関わる理由のひとつだそうである。続編(パート2)嫌い、というより「同窓会的」なゆるい作品作りが嫌いらしい(『踊る大捜査線』に関するインタビュー等)。役作りや演技へのこだわり、作品作りにかける意気込みの強さ故、共演者やスタッフからの評価は高いものの、批判的な見方もあり、ことあるごとに週刊誌のネタとされる。生真面目な性格ととるか、単なる傲慢ととるかで評価が分かれる俳優である。誌上のエッセイにて、痛烈な批判を浴びたことがある。自身がヘビースモーカーであるためか、役柄が喫煙者であることが多く劇中ではタバコを吸っている。 主な出演作品に、ドラマ『東京ラブストーリー』、ドラマ『振り返れば奴がいる』『お金がない!』『踊る大捜査線』シリーズなど多数。
歌手としては1987年4月にデビュー映画『湘南爆走族』の挿入歌のシングルCD「BOOM BOOM BOOM」でデビュー。
CMソング「歌えなかったラヴ・ソング」が最高位2位を記録。57万枚を売上げ、自身最大のヒット曲となった。俳優の余技ではなく、表現手段として音楽活動をする数少ない俳優でもある。興行収入101億円、観客動員数700万人
『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(東宝、2003年7月19日公開)興行収入173.5億円、観客動員数1250万人 邦画実写歴代1位
2001年のドラマ『ロケット・ボーイ』で主演を務めるも、椎間板ヘルニア(持病の腰痛が悪化)による緊急入院で撮影を中断する事態となった。織田裕二 噂  織田裕二 深津絵里  織田裕二 ありがとう  織田裕二 椿三十郎  織田裕二 ライブ  そのため『ロケット・ボーイ』は全11話の予定だったものが全7話に再構成され、第2話放映後の4週分は『ロケット・ボーイ』を休止し、同作共演のユースケ・サンタマリア、市川染五郎の新撮シーンを加えた『踊る大捜査線』の再放送で穴埋めするという異例の措置が取られた(結果、この視聴率が高かったため「踊る」人気が不動のものということを証明することにもなる)。織田裕二 映画  織田裕二 ブログ  織田裕二 画像  織田裕二 世界陸上  織田裕二 チケット  織田裕二 歌詞  基本的に20代から容姿・風貌が変わっておらず、20代前半なみの持久力と肺活量をもつスポーツマンでもある。2007年4月19日放送『うたばん』では、本人に説明なく行われた体力測定で実年齢39歳に25歳と診断されていた。俳優の石黒賢とは親友の仲である。映画『ホワイトアウト』で石黒を親友・吉岡役に抜擢したのは織田らしい(『ホワイトアウト』公開当時の各媒体インタビューより)。織田裕二 結婚  織田裕二 ドラマ  織田裕二 踊る大捜査線  織田裕二 wiki  織田裕二 モノマネ  葉巻にはまっている(TVでの織田裕二ドキュメントにて。)
2004年、『東京ラブストーリー』以来13年ぶりに月9ドラマ『ラストクリスマス』に出演することになったが、13年もの間月9に出演していなかったことについて、本人はインタビューで「月9はドラマの王様であり、特別なものだと思うからあえて出演しなかったんです。だから僕は反対勢力にたって、レジスタンス的活動をしていたんですよ」と語っている(ちなみに『東京ラブストーリー』に関しては途中から役柄をつかみきれなくなり(原作と脚本と自分のイメージとのギャップが原因)、結果として演技的に失敗だったとしている(本人の弁によれば「途中放棄」とのこと))。
この作品経験をターニングポイントとして、作品では脚本段階から作品に関わる姿勢を強めることになる。映画『T.R.Y.』では、中国上海でロケを行い、中国語の台詞に挑んだ。織田裕二 柳葉敏郎  織田裕二 平井堅  織田裕二 コンサート  織田裕二 ものまね  織田裕二 柳葉  基本的にバラエティ番組(特にお笑い系)へは出演しない方針で、「SMAP×SMAP」で、香取慎吾が「踊る!大捜査線」のパロディで織田の物まねをしている時に、本人には内緒でゲスト出演した際、織田は出演時に「バラエティは、ダメなんだよ。苦手。恥ずかしい。」と、言っていた。
歌手として出演している「うたばん」や長年キャスターを務めている「世界陸上」の中継などで、その茶目っ気のある性格やトークを垣間見ることが出来る。
『踊る大捜査線 THE MOVIE』で事件名をホワイトボードに書き込むシーンがあったが、癖の個性的な字を書くようである。織田裕二 柳葉敏郎  織田裕二 平井堅  織田裕二 コンサート  織田裕二 ものまね  織田裕二 柳葉 
織田裕二 主な出演作品 織田裕二 テレビドラマ
桃色学園都市宣言! 河田工業高校電気科(1987年、フジテレビ) プロゴルファー祈子(1987年、フジテレビ) - 秋葉清 役 北の海峡(1988年、NHK) 涙日記(1988年、TBS) 風雲!江戸の夜明け(1989年、テレビ東京) 十九歳(1989年、NHK) - 村上大介 役※テレビドラマ初主演番組 邪魔してゴメン!(1989年、TBS) ママハハ・ブギ(1989年、TBS) - 水谷誠 役 あいつがトラブル(1989 - 1990年、フジテレビ) - 城野剛 役 世にも奇妙な物語 「ロッカー」(1990年 フジテレビ) 卒業(1990年、TBS) - 吉沢聡 役 予備校ブギ (1990年、TBS) - 橘薫 役 東京ラブストーリー(1991年、フジテレビ) - 永尾完治 役 初恋は殺人者(1991年、フジテレビ) 新説・三億円事件(1991年、フジテレビ) あの日の僕をさがして(1992年、TBS) - 古賀森男 役 振り返れば奴がいる(1993年、フジテレビ) - 司馬江太郎 役 東京ラブストーリー特別編(1993年、フジテレビ) - 永尾完治 役 素晴らしきかな人生(1993年、フジテレビ) - 芝木貢 役 振り返れば奴がいるスペシャル(1993年、フジテレビ) - 司馬江太郎 役 お金がない!(1994年、フジテレビ) - 萩原健太郎 役* 正義は勝つ(1995年、フジテレビ) 織田裕二 映画  織田裕二 ブログ  織田裕二 画像  織田裕二 世界陸上  織田裕二 チケット  織田裕二 歌詞  高岡淳平 役* 真昼の月(1996年、TBS) - 富樫直樹 役 踊る大捜査線(1997年、フジテレビ、全11話) - 青島俊作 役* 踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル(1997年、フジテレビ) - 青島俊作 役* 恋はあせらず(1998年、フジテレビ) - 喜屋武明 役* 湾岸署婦警物語 初夏の交通安全スペシャル(1998年、フジテレビ) - 青島俊作 役* 踊る大捜査線 秋の犯罪撲滅スペシャル(1998年、フジテレビ) - 青島俊作 役* ロケット・ボーイ(2001年、フジテレビ、全7話)* 真夜中の雨(2002年、TBS) - 都倉隆 役*※主題歌「そんなもんだろう」[作詞曲・ASKA]を歌う - 春木健次 役* 冗談じゃない!(2007年、TBS)織田裕二 噂  織田裕二 深津絵里  織田裕二 ありがとう  織田裕二 椿三十郎  織田裕二 ライブ  - 高村圭太 役* 常に主演クラスでのキャスティングであるためか、エンディングで本人の楽曲が使われる事が極めて多い(主題歌も歌った作品に*を付記)織田裕二 結婚  織田裕二 ドラマ  織田裕二 踊る大捜査線  織田裕二 wiki  織田裕二 モノマネ  織田裕二 映画 湘南爆走族(1987年、東映) 愛はクロスオーバー(1987年、東映クラシックフィルム) 将軍家光の乱心 激突(1989年、東映) 彼女が水着にきがえたら(1989年、東宝) BEST GUY(1990年、東映) 波の数だけ抱きしめて(1991年、東宝) 就職戦線異状なし(1991年、東宝) エンジェル 僕の歌は大捜査線 THE MOVIE (1998年、東宝) - 青島俊作 役 ホワイトアウト(2000年、東宝) - 富樫輝男 役 T.R.Y.(2003年、東映) - 伊沢修 役 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003年、東宝) - 青島俊作 役 県庁の星(2006年、東宝) - 野村聡 役 椿三十郎(2007年12月公開予定、東宝) - 椿三十郎 役※織田裕二初の時代劇主演 織田裕二 柳葉敏郎  織田裕二 平井堅  織田裕二 コンサート  織田裕二 ものまね  織田裕二 柳葉  織田裕二 ドキュメンタリー 織田裕二アフリカスペシャル象物語(2005年5月 TBS) 月曜ゴールデン アフリカ大自然スペシャル『僕らはサルだ!織田裕二の類人猿とふれ合う感動紀行』(2007年8月 TBS)
織田裕二 CM 日本赤十字社 明治製菓「ティラミスチョコレート」/「ガトーマロンチョコレート」/「チョコトルテ(山瀬まみと)」 参天製薬「サンテFX」 AGF「マキシムレギュラーコーヒー」 サッポロビール「焙煎ビール」 NTT DoCoMo「携帯電話・ポケットベル」(1996年 - 1998年) IDO/セルラー電話各社 「cdma One」(1999年 - 2001年)※NTTドコモの契約終了直後にCMが放送され話題と素「紅花オリーブオイル」・「アミノバイタル」 スズキ「セルボモード」「ジムニー」「ジムニーワイド」 日清食品「カップヌードル」 ポッカコーポレーション「ポッカコーヒーガティ」 ライオン「デンター」 カネボウ「JAKE」 コカ・コーラ「まろ茶」 全日空「ANAマイレージバンク」 日本生命「生きる力」 U-CAN (ユーキャン) 武田薬品工業「新アリナミンA」 アサヒビール「アサヒ新生」 日本郵政公社「ゆうパック」 JCB
横浜ゴム「ECOタイヤ」、「アイスガード」 JRA2007度キャラクター
世界陸上(2007年) 織田裕二 結婚  織田裕二 ドラマ  織田裕二 踊る大捜査線  織田裕二 wiki  織田裕二 モノマネ  織田裕二 書籍 ベネッセ中学生チャレンジ(インタビューゲストとして登場) メンズノンノ(特別モデルとして登場) 織田裕二 その他
世界陸上キャスター(1997年 - 、TBS) 中井美穂と共に二年に行われる世界陸上のメインキャスターを担当。
ハイテンションぶりが話題になり、陣内孝則や関根勤、ナインティナインの岡村隆史らにものまねされるほど。織田いわく「自然に出てしまう」らしい。単純なキャスターだけにとどまらず、分析も細かく行っている。同番組中に織田が「この後すぐ!」と競技開始の予告をすると基本的に待たされることが多く、長い時で数時間後だったことがある。主人公マーティの吹き替えを担当したことがある。
ドク役は三宅裕司。Wユウジ吹き替えに挑戦! としてPRされた。CMに出演していた縁もあり、一時期ダートトライアル競技に出場していた。織田裕二 噂  織田裕二 深津絵里  織田裕二 ありがとう  織田裕二 椿三十郎  織田裕二 ライブ  いものの、通信教育のユーキャンのCMにおいて一瞬ではあるが運転シーンが挿入されていた。野球中継のため幻となった織田裕二 結婚  織田裕二 ドラマ  織田裕二 踊る大捜査線  織田裕二 wiki  織田裕二 モノマネ 
織田裕二 バラエティ・音楽番組 森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ系) テレフォンショッキング  等 意外なことに「いいとも!」への出演はさまざまなコーナーで多い(ただし、春・秋の祭典は4月期か10月期のフジテレビ系ドラマ出演時のみ)。祭典スペシャル FNS番組対抗!ザ・秋の祭典スペシャル(1995年9月25日、フジテレビ) 正義は勝つチームとして出場 SMAP×SMAP 織田裕二 映画  織田裕二 ブログ  織田裕二 画像  織田裕二 世界陸上  織田裕二 チケット  織田裕二 歌詞  織田裕二 主な受賞 ベストドレッサー賞(1991年・1999年) ベストジーニスト賞(1992年) 日本アカデミー賞優秀主演男優賞(1998年・2001年・2004年) 報知映画賞最優秀主演男優賞(2000年)
第43回ブルーリボン賞 最優秀主演男優賞(2001年) 第48回アジア太平洋映画祭最優秀主演男優賞(2003年)
日刊スポーツ映画大賞石原裕次郎賞(2000年「WHITE OUT」・2003年「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」) 第23回藤本賞(2004年)
織田裕二 柳葉敏郎  織田裕二 平井堅  織田裕二 コンサート  織田裕二 ものまね  織田裕二 柳葉 
織田裕二 音楽 織田裕二 代表曲 歌えなかったラヴ・ソング(1991年2月6日) - スズキ・セルボCMソング
Love Somebody(1997年1月29日、織田裕二withマキシ・プリーストとして) - 踊る大捜査線主題歌(スピンオフ作品を除く) Last Christmas/Wake Me Up GO!GO!(2004年11月3日、Yuji Oda with Butch Walkerとして) - ラスト・クリスマス主題歌 All my treasures(2007年7月25日)‐世界陸上2007公式テーマソング
織田裕二 柳葉敏郎  織田裕二 平井堅  織田裕二 コンサート  織田裕二 ものまね  織田裕二 柳葉 
織田裕二 アルバム ありがとう (2007年9月26日) - デビュー20周年作品
All my treasures Days 天国の道 「ありがとう」(Album Ver.) 君のいる朝 Hug, Hug いくつもの日々を越えて
Last Christmas FEEL LIVE Wake Me Up GO! GO! All my treasures(Orchestra Ver.)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。